会社案内-沿革

沿革

1964年 06月
東京都品川区に株式会社日本精機製作所を設立
1968年 07月
工場を大田区矢口(現本社所在地)に移転
1978年 03月
本社を現在地に移転し、商号を株式会社篠原製作所に変更
精密ミニチュアボールねじの本格生産を開始
1983年 02月
ボールねじ標準在庫品の販売開始
1984年 07月
新潟県小千谷市第一工業団地に小千谷工場新設、生産拠点の統合・量産体制を確立
1987年 01月
商号をケーエスエス株式会社に変更
1988年 07月
小千谷工場第一次増築完了
1989年 12月
太田芳文、代表取締役社長に就任
1990年 08月
現在地に本社ビル竣工
1995年 01月
精密工学会「超精密位置決め委員会」入会、東京事務所を本社に併設
1995年 03月
NTN精密樹脂(株)と樹脂ナット送りねじ「ベアリー」を共同開発
1996年 09月
小千谷工場第二次増築完了
産学共同研究開始(静岡理工科大学大塚研究室、長岡技術科学大学久曾神研究室)
1999年 12月
小千谷工場ISO9002認証取得
2000年 01月
アクチュエータ「KUMIシリーズ」販売開始
2000年 10月
小千谷工場第三次増築完了
2001年 09月
モータ直結型ボールねじ「MOBO」シリーズ販売開始
2001年 11月
世界最小ボールねじ(ねじ軸外径1.8mm、リード0.5mm)の開発
2001年 12月
レジンリードスクリュー販売開始
2002年 02月
「0.5mmリードボールねじシリーズ」の販売開始
2002年 03月
小千谷工場 ISO9001-2000認証取得(JQA-QM4131)ボールねじの設計・開発及び製造
2004年 10月
新潟県中越地震発生
2005年 03月
小千谷工場ISO14001認証取得(JQA-EM4583)
2005年 04月
ミニチュアボールねじ専用グリース「MSG」を発売
2005年 10月
小千谷工場第四次増築完了
2006年 03月
太田晶久、代表取締役社長に就任(太田芳文は取締役会長に就任)
2006年 07月
RoHS(特定有害物質制限)指令への対応完了
2006年 09月
モータ直結型ボールねじの新製品「Si-MOBO」販売開始
2007年 09月
上海事務所を開設
2008年 01月
ステンレス転造ボールねじを発売開始
2008年 06月
「元気なモノ作り中小企業300社」に選定される
2009年 01月
「つば付き転造ボールねじ」を発売開始
2009年 05月
「転造MOBO(モータ直結型転造ボールねじ)」発売開始
2010年 05月
ミニチュアボールねじスプライン(BSSP)販売開始
2011年 01月
ミニチュアアクチュエータ新シリーズ(フレックスアクチュエータ)販売開始
2011年 11月
第23回大田区中小企業新製品・新技術コンクール優秀賞受賞
(受賞製品 : ミニチュアボールねじスプラインBSSP)
2012年 04月
ダイレクトドライブアクチュエータ(DDA)販売開始