輸出管理について

輸出管理について

 KSSの製品及び技術の輸出又は販売につきましては、
外国為替法及び外国貿易法、 その他の法令を遵守することを、弊社の基本方針としております。
(経済産業省 CP登録番号:1970)
従いまして、弊社製品の使用目的が軍事用途(大量破壊兵器及び武器・兵器に関係するもの)の場合は、製品の提供を辞退させていただく場合もありますので、予めご了承ください。

KSS製品の輸出該非判定一覧とその区分について(カタログ標準品)

*輸出該非判定一覧表については、PDFをご覧ください。
PDFダウンロード


リスト規制とキャッチ・オール規制について

 KSS製品は、一部の特殊品を除いて、基本的にリスト規制の対象外非該当又は非該当となりますが、全てキャッチ・オール規制の対象となります。
従いまして、お客様の用途や最終仕向け地によっては、キャッチ・オール規制に該当しますので、お客様のご判断にて、輸出許可申請等のご対応をお願いいたします。


該非判定書の発行依頼について

 KSS製品の該非判定書発行のご依頼は、全て営業部門経由でお受けしております。
従いまして、該非判定依頼書に所定の内容をご記入のうえ、営業担当者までお申し付けください。その際、具体的な用途や最終使用者及び最終仕向け地等の必要な情報を明確にお知らせください。情報が不足又は不明確な場合は、輸出該非判定書の発行ができないこともありますので、ご注意ください。
*輸出該非判定依頼書ダウンロード(Excel)  様式ダウンロード